So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

ツナ缶は災害時にも役立つそうです [防災]

そのまま食べても美味しくて、料理にも使える、あると何かと便利なツナ缶

ウチは4、5缶まとめて買って常備しているんですが、
家に何缶かある^^/ という方も多いかもしれませんね。


そんなツナ缶、少し前のNHK「あさイチ」で
スゴ技Q ナメちゃいけない! ツナ缶パワー』というのを特集していて、
その中の災害時にも役立つ使い方というのが、ちょっと驚きでした!

その使い方というのは、
中身が入ったまま穴を開ければ、停電などの時にランプとして使えるというもの。

ツナ缶 (2).jpg

火がちゃんとついてますよね!
しかもランプは、1時間以上は火が持つそうなんですよ。


作り方は、
1.プラスドライバーなどを使って、ツナ缶の真ん中に穴を開ける。
2.ティッシュを3センチほどの長さに切り、こより状にして穴に詰める。
3.ライターなどで火をつける。


ティッシュがうまく油を吸えていなくて、
途中で火が消えてしまったりする場合もあるそうですが、
その場合にはティッシュの芯を替えてみるといいそうです。

番組では何度か芯を変えてやったところ、長時間火が持つ結果になったようです。
ただ、燃焼時間はメーカーや製品ごとの油の量によって異なります。


注意点は、
ツナ缶 (1).jpg


燃やした後も、ツナ缶の中身は食べることが出来るので一石二鳥!
火を燃やした後なので、味は番組内で食べていた人がちょっと燻製したような味
とは言っていました。


詳細については、番組のHPで確認してみてくださいね。


我が家でもツナ缶を非常食、防災対策品の1つとして加えました^^






nice!(94)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 94

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。